YTTAロゴ

八代市卓球協会 会則

 

(名 称)

第1条       本会は、八代市卓球協会と称する。

 

(目 的)

第2条       本会は、八代市における卓球競技全般の普及と競技卓球としての競技力向上にも努め、児童、学生、一般社会人等の健全な心身の育成に寄与するとともに、合わせて会員相互の親睦を図ることを目的とする。

 

(事 業)

第3条       本会は、第2条の目的を達成するため諸事業を行う。

  2 年度事業計画は、別表のとおりとする。

  3 必要と認めるときは、専門委員会、専門部会を置き事業遂行に努めるものとする。

 

(構 成)

第4条       本会は、八代市に住所を有しまたは在住の各団体及び個人のうち、本会の目的に賛同し、且つ本会の活動に参加するものをもって構成する。

 

(役 員)

第5条       本会に下記の役員を置く。

  (1)会   長   1  名           (6)会  計   1   名

  (2)副 長    若干名           (7)会計補佐   若干名

  (3)理 長   1               (8)一般理事   必要数

  (4)副理事長   若干名           (9)監  事   2   名

  (5)常任理事   必要数

  2 本会に顧問(会長歴任者)、参与を置くことができる。なお、顧問、参与は総会に出席し意見を述べることはできるが、票決の場合は参加できない。

 

(職 務)

第6条       役員の職務は、下記のとおりとする。

1.会長は本会の会務を統轄し、本会を代表する。

2.副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時は、あらかじめ会長が指名した副会長がその職務を代理する。

3.理事長、副理事長その他の役員は会長の指示に従い会務を分掌する。

4.会計、会計補佐は本会の一般会計と記念事業基金の事務の処理に当たる。

5.監事は会計を監査し、その結果を総会に報告する。

 

(選 任)

第7条       役員の選任は下記のとおりとする。

1.会長は常任理事会で推薦し総会の同意を得て選出する。

2.副会長は会長が推薦し、総会の同意を得て会長が委嘱する。

3.理事長は会長が推薦し、総会の同意を得て委嘱する。

4.副理事長、会計、会計補佐、監事は会長が選任し委嘱する。

5.以上の役員は常任理事のなかから選任されるが、一般理事は各団体からの推薦者を含め協会組織体制を勘案して必要数が会長によって委嘱される。役員改選時以外でも役員の職場の異動を含めて必要があれば新役員を委嘱することができる。

 

(任 期)

第8条       役員の任期は、2年とする。(41日からよく翌々年の331日)但し、再任は妨げない。役員は任期が満了しても、その後任者が就任するまでは、その職務を行う。補選によって就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。また、顧問、参与の任期はない。

 

(会 議)

第9条        諸会議は、会長が議長を務める。

第10条 総会は、年1回、議決を行うときは現在理事数の3分の2以上の理事の出席が 

   必要。当該議事に委任の書面で意思表示した者は出席者とみなす。

第11条 会長は少なくも年1回、総会を招集しなければならない。通常の検討事項は、  常任理事会(検討事項の内容によって会長が人選した一般理事を含む)で審議する。

   2 専門委員会及び専門部会は、常任理事会の同意を得て、専門委員会は会長が招集し、専門部会は常任理事が招集する。

 

(会 計)

第12条 本会の事業年度、会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(表 彰)

第13条 八代市卓球競技全般の興隆に功績があると認めるものに対し、その功績と栄誉

を称え表彰することが出来る。

   2 表彰は会長が常任委員会に諮ってこれを推挙する。

 

(会則変更)

第14条 本会則を変更するときは、総会において出席理事(委任状を含む)の過半数による議決を要する。

第15条 本会則は総会議決により即時実施される。

 

(事務局)

第16条 本会の事務局を下記に置く。

    866-0053 熊本県八代市千反町2丁目116 林田卓球センター

 

(雑 則)

第17条 この会則に定めるもののほか、必要な事項は、会長が別に定める。

    附則

    この会則は、平成18年4月1日から施行

          平成20524日改正

          平成24526日改正

          平成265月  日改正

 

 

役員名簿
26・27年度役員名簿.xls
Microsoft Excel 35.5 KB